AGC

AGC 3unit implant の製作工程

咬合採得 WAX UP ミリングアバットメント
AGCコーピング
テンポラリーデンチャー AGCとフレームを合着 ロカテック処理 歯冠部築盛
GUM色を築盛して完成 SET

AGC の特徴

  • ・患者様・チェアーサイドでも簡単なメンテナンス
  • ・ロングスパンでもスムースな抜群の適合性
  • ・テンポラリ-デンチャーも同時納品の為、修理時の負担が軽減
  • ・金属使用量が少ない為軽い
  • ・アクセスホールが無い
  • ・骨吸収が大きく歯肉再現が必要な場合に対応 (前歯部で歯冠長14mm以上を基準にGUM色を再現します)
  • ※診断用waxup後、高さがとれないケースは適応しない場合があります
  • ※埋入ポジションは2重構造になる為、頬舌は注意が必要です(近遠心は影響がありません)
  • ※基本的にはフルマウスのケースでは6本以上の埋入が必要です
  • ※初めてのケースの場合、設計を打ち合わせのうえ、アバットメントset・AGCとフレーム合着
    ピックアップimp・テンンポラリーデンチャーset時の際、チェアーサイドに立ち会わせて頂きます
有限会社ディーエルピーとは
有限会社ディーエルピー
  • オールセラミックとは
  • フレームマテリアルの選択
  • アバットメントの選択
  • インプラントの咬合採得
  • シェードテイキング
  • …のススメ
会社概要